心配事 本日の一枚■Kenny Wheeler / What Now?

オリンピック、当初は、「え?もう始まったの?」ぐらいの感じでしたが、盛り上がっていますね。
自分も用がなく、家にいる時は見ております。
ただ、夏季よりも冬季の方が、命がけの競技多いような気がして、少し心配になるぐらいです(特にスノボ)。

自分の事の心配といえば、最近、もの忘れがひどいです。
以前、お会いした事があるのにも関わらず、すっかり忘れており、はじめまして面をするという失敗を、つい最近もありました。

あとよくあるのが、こちら。
以下、私のお風呂のルーティンです。
誰も興味もないであろう、オッサンの風呂場の作法ですので、気分を害されるかもしれませんが...

①湯船に入り、体を温める。
②湯船から出て、シャンプーをする。結構ガシガシ洗う、流す。
②タオルで少し水気を拭いた後、トリートメントをつける。
③トリートメントをつけた状態のまま、体を洗う(トリートメントはある程度の時間、漬けておくとよいと聞いたので)。石鹸とタオルを使う。
④体を洗い流す。
⑤顔を洗う。わりと敏感肌なので、刺激の強くない洗顔料を使う。
⑥トリートメントを流し、リンスをつける。
⑦湯船に入り、体を温める。①の時よりかは少し長い。
⑧湯船から出て、リンスを流す。
-完-

この中で何を忘れるかというと、⑤の顔を洗う、をよく忘れてしまいます。
しかも、ひどいのが、単純に洗うのを忘れてしまうのではなく、「洗ったのか、洗っていないのかどうかも忘れてしまう」、という事です。
洗っていないかな...?と思って、洗顔料を手にとり、顔につけた瞬間、「あ!さっき洗ったじゃん!」と思い出す始末。
これ、分かるかな...分かんねーだろうな~

つい先日、同様のパターンで、コーヒーに砂糖を入れたかどうか、を忘れてしまうという事がありました。
とりあえず、一口飲んでみるか、飲んでみましたが、入れたかどうかが分からない。
とうとう、味覚まで馬鹿になったようです(笑)

*

数々の美しい作品を残したトランペットのケニー・ホイーラーの2004年作品。
特徴としてはドラムレスであるということ。
トランペットなどの管楽器のプレイヤーで、ドラムレスというと、よくあるのが、ピアノやギターとのデュオで、しっとり、という感じですが、これはピアノにベース、さらにもう一本の管楽器にテナーサックスもいます。
しかも、その面子が、強力過ぎます。
ピアノがジョン・テイラー、ベースにデイブ・ホランド、サックスにクリス・ポッターという布陣。
冒頭の曲、「Iowa City」から、かなり全員のテンション高く、グイグイと引き込まれます。
ああ、やっぱり、これでドラムがいればもっといいのになー、と思ってしまう自分の心は、ひねくれているのでしょうか...?

51Hls1nsHfL.jpg



近日のライブです。
もしよろしければどうか宜しくお願い致します。


■3/2(金)
関内 アドリブ
http://www.jazz-adlib.info/

☆QUARTET
川村信一(tenor sax)
赤堀ひさし(piano)
鴻野暁司(bass)
川村成史(drums)

start 19:30
charge ¥2,000 + order

1349534717068210062493654563641513742723870n.jpg

どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

晩ごはん 本日の一枚■Bill Evans / Waltz for debby

まだまだ寒いです。
春はまだか。花粉は忍び寄っているのに。

先日、今度の日曜日にライブがあるバンド、「一刀斎」のリハーサルがありました。
場所が初めて行くところで、不安だったので早めに出たのはいいものの、逆に時間が余ってしまったので、晩ごはんを食べに、
見た目、チェーン店の和食屋に入りました。

中に入ると、器に入ったお惣菜が、そこそこたくさん並んでありました。
なるほど、どうやらセルフサービスのようです。
はなまるうどんや、丸亀製麺に近い感じと思ってください。
ちょっとめんどくさいな、と思いつつ、お盆に、おでんの大根、牛すじ、ひじき、チキン南蛮を取りまして、奥にいる店員に、ご飯と味噌汁を注文して、よそってもらい、さて会計を...と思ったら、

「お代は後払いなので食べていて下さい!」、と。

え?と思ったのですが、まあいいや、と思い、席に移動しました。
でも、どうしても一つの疑問が頭から離れません。

「食べた後で、どうやって値段が分かるのか...?」

別に総菜は一律の値段ではありません。
回転寿司のように皿の色で分かれているようには思えません。
皿にバーコードでもついているのだろうか...?

そんな事を考えながら食べていると、先ほど、ご飯と味噌汁をよそってくれた店員が、ちょっと遠目に、こちらをじーっと見ておりました。
手にはファミレスなどでもオーダーをとる時に使う、あの端末。
なんてことはない、そこで自分が食べているものを、目で見て、一つずつチェックし、伝票を発行しておりました。
しかし、もし、この、おでんの大根(確か\100)を、席に座ったのと同時に、一口で食べていたら、いったいどうしたのだろうか...?

その時、お店にかかっていた音楽がこれ。
ビル・エバンスのワルツ・フォー・デビー。ジャズ史上、不朽の名盤です。
最近はラーメン屋、居酒屋、どこでもジャズが、かかっていますね。
酒が美味くなる音楽だとは思うのですが、白飯が美味くなる音楽は他にないものでしょうか。

41ncpLDdrUL_SX425_.jpg



近日のライブです。
もしよろしければどうか宜しくお願い致します。


■2/18(日)
目黒 青猫
https://www.facebook.com/1blueiscat/
https://www.facebook.com/events/2089902071254067/

【一刀斎】
可世木唯以(guitar)
川崎総(bass)
片桐総(drums)
川村信一(tenor sax)

open 19:30
start 20:00
※変更になりました。
charge: 投げ銭

ギター可世木さんにお声がけ頂き、初ゲスト参加するバンドです。
インプロヴィゼーションを中心としたジャズロックです。
可世木さんの妖しく(笑)、独創的な楽曲が素晴らしく、今からとても楽しみです。

こちらは以前のライブ。当然、私は参加しておりません。


■3/2(金)
関内 アドリブ
http://www.jazz-adlib.info/

☆QUARTET
川村信一(tenor sax)
赤堀ひさし(piano)
鴻野暁司(bass)
川村成史(drums)

start 19:30
charge ¥2,000 + order

1349534717068210062493654563641513742723870n.jpg

どうぞよろしくお願いいたします。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

まだまだ決められない 本日の一枚■Walter Smith III / Twio

まだまだ寒いですね。もううんざり。

今、四年に一度のオリンピックをやっておりますが、それこそ今の携帯を四年以上使っております。
今の機種自体に特に不満はないのですが(電池がすぐ切れる以外は)、最新機種でもなく、大して使っていないのに、月に一万円払うのは馬鹿馬鹿しいなと思って、流行りの格安スマホに乗り換えようと思うのですが、たくさんあり過ぎて中々決めきれません。
決めきれずに、はや数か月がたとうとしています...今月こそは。

ウォルター・スミス三世の新作がリリースしたので買いました。
今回はサックストリオ(数曲ゲスト参加あったり、デュオもありますが)。
ウォルターの作品を全て聴いている訳ではないのですが、前作の「Still Casual」は、とても完成度が高く、自分もお気に入りの一枚だったので、しばらくこの路線で行くもの(行ってほしい)と思っていたので、今回のこの編成はちょっと意外でした。
しかし、サックス吹きにとってピアノレスのトリオは、レジェンド達の数々の名作もあるので、憧れであり、チャレンジでもあります。

色々な意味で面白い一枚です。
まず楽曲がスタンダード中心。とはいえ、アダムス・アップルなどは久しぶりに聴きました(笑)これやる人ほとんどいないと思います。
しかも、今時の人の割に、曲にあまり手を加えている感じはありません。
(よくあるのが、拍子を変えたり、とんでもないリハモをしたり、ちなみに自分はスタンダードをそのような、アレンジをするのは、あまり好みではないです)
そうなるとプレイヤーの個性、個人技が頼りです。
ウォルターは比較的ストレートに演奏していますが、ドラムのエリック・ハーランドは、これに対して、これやるか普通?というぐらい自由に叩いております。
そこの微妙に噛み合っていないところなども逆に面白いです。

目玉はやはり、ゲストにジョシュア・レッドマンとクリスチャン・マクブライトを迎えた「On the trail」でしょうか。
正直、せっかく、この大物二人を招いてやる曲かよ、と思いました。
(ほのぼのとしたスタンダードです。これも久しぶりに聴きました。ジョー・ヘンダーソンとかがやってたかな)
このクリスチャン・マクブライトのベースが、ブンブンとスイングしまくっております。
まるで、はじめの一歩のデンプシーロールのような(笑)、大振りのフックの連続を受けている感じです。
改めて凄いプレイヤーだなと思いました。
他の曲では自由に叩いていた、エリック・ハーランドがスイング「せざるをえない」「否が応でもさせらている」感じがします(笑)

71-x-wgRF2LSL1417_.jpg



近日のライブです。
もしよろしければどうか宜しくお願い致します。


■2/18(日)
目黒 青猫
https://www.facebook.com/1blueiscat/

【一刀斎】
可世木唯以(guitar)
川崎総(bass)
片桐総(drums)
川村信一(tenor sax)

open 19:30
start 20:00
※変更になりました。
charge: 投げ銭

ギター可世木さんにお声がけ頂き、初ゲスト参加するバンドです。
インプロヴィゼーションを中心としたジャズロックのようです。
まだリハも何もしておりませんが、今からとても楽しみです。

こちらは以前のライブ。当然、私は参加しておりません。


■3/2(金)
関内 アドリブ
http://www.jazz-adlib.info/

☆QUARTET
川村信一(tenor sax)
赤堀ひさし(piano)
鴻野暁司(bass)
川村成史(drums)

start 19:30
charge ¥2,000 + order

どうぞよろしくお願いいたします。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

雪が降る前に 本日の一枚■Grant Stewart / Live at smalls

木曜日は毎月恒例、関内アドリブでライブでした。
毎月恒例、とはいえ、先月は前週の木曜日でしたが...
とても寒く、ライブが終わって帰るころには、雨から雪に変わった日でしたが、お越し頂いた方々、ありがとうございました。

もし、アメリカのNYへ旅行に行った時に、行きたいライブハウスの一つに「Smalls jazz club」があります。
名前のとおり、あまり広い店ではありませんが、現代ジャズの一流のプレイヤーが出演しております。

https://www.smallslive.com/

ここでのライブの音源をダウンロードやCDで販売しており、どのアルバムも素晴らしく、ちょこちょこ買っております。
もうベテランとなったグラント・ステュアートも録音しております。
今回取り上げた、「Smoke gets in your eyes」、「Get out of town」、もこちらを参考にしました。

51Fy_9vc4SL.jpg



■2/1(木)
関内 アドリブ
http://www.jazz-adlib.info/

☆QUARTET
川村信一(tenor sax)
赤堀ひさし(piano)
大森哲也(bass)
川村成史(drums)

*1st
1.Pfrancing(No Blues)
2.Look of love
3.Dewey square
4.Smoke gets in your eyes
5.Hush-a-bye

*2nd
1.You're my everything
2.Get out of town
3.Let's cool one
4.Those were the days
5.The promise

*Enc
1.My romance

指の組み方の形がよくわからない。特に左手中指。
TS川村信一Quartetメンバー

次回、関内アドリブでのライブは3/2(金)です。
もしよろしければ!

近日のライブです。
もしよろしければどうか宜しくお願い致します。


■2/9(金)
鶴見 ノーチェイサー
https://nochaser.jimdo.com/

川村信一(tenor sax)
池本悠(guitar)

start 19:30
charge ¥2,000 + order

ギター池本さんとしっぽりとデュオ。
飛び入り歓迎です!

■2/18(日)
目黒 青猫
https://www.facebook.com/1blueiscat/

【一刀斎】
可世木唯以(guitar)
川崎総(bass)
片桐総(drums)
川村信一(tenor sax)

open 18:30
start 19:00
charge: 投げ銭

ギター可世木さんにお声がけ頂き、初ゲスト参加するバンドです。
インプロヴィゼーションを中心としたジャズロックのようです。
まだリハも何もしておりませんが、今からとても楽しみです。

こちらは以前のライブ。当然、私は参加しておりません。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

たまたま 本日の一枚■Seamus Blake & Marc Miralta / Sun Sol

木曜日は毎月恒例、関内アドリブでカルテットライブでした。
この日は非常に寒く、また先日降った雪がまだ残っているのにも関わらず、お越し頂いた方々、ありがとうございました!
おかげさまで、とても楽しく演奏出来ました。

今回、初めて演奏した曲のひとつに「Pure imagination」があります。
ライブの数日前に知ったのですが、たまたま聴いていい曲で、たまたま譜面もあったので取り上げ、たまたま上手くいったと思います(たぶん)。
どうやら映画、「チャーリーとチョコレート工場」でも取り上げられたようです。
またやりたいものです。

この曲と言えば、この人の演奏が一番!というのは結局分からず仕舞いなのですが、自分はこの演奏で知りました↓
最近、自分のマイブームであるサックスのシーマス・ブレイク(今さら?)と、スペインのドラマーのマーク・ミラルタ、ベースは何とアヴィシャイ・コーエンのサックストリオ。

513-P14eEbLSS500.jpg



■1/25(木)
関内 アドリブ
http://www.jazz-adlib.info/

☆QUARTET
川村信一(tenor sax)
赤堀ひさし(piano)
大森哲也(bass)
川村成史(drums)

*1st
1.Fried pies
2.This is new
3.Passport
4.Violets for your furs
5.Hush-a-bye

*2nd
1.On the street where you live
2.Short story
3.Reflections
4.Pure imagination
5.The promise

*Enc
1.St.thomas

この日の動画を2曲あげました。
もしよろしければご都合よいときにでもご覧ください。





これは写真(笑)
ビデオから画像を切り取れることを初めて知りました。

shortstory180125(1).jpg

近日のライブです。
もしよろしければどうか宜しくお願い致します。


■2/1(木)
関内 アドリブ
http://www.jazz-adlib.info/

☆QUARTET
川村信一(tenor sax)
赤堀ひさし(piano)
大森哲也(bass)
川村成史(drums)

start 19:30
charge ¥2,000 + order

毎月恒例のカルテットライブです。
強力なリズムセクションに守られて、ジャズスタンダード中心に演奏します。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

プロフィール

シンイツ

Author:シンイツ
うだつの上がらない、しがないサックス吹きです。
ジャズ、ロックを中心に主に都内、横浜市内でボチボチですがライブをやっております。どうかかまってください...

カテゴリ
最新記事
Flashカレンダー
フリーエリア
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: