FC2ブログ

春分の日 本日の一枚■Gary Thomas / By Any Means Necessary

春分の日です。
ここ一週間で、春らしく、気温が上がってきたのは良いのですが、花粉が、いよいよ本気を出してきたせいか、アレルギー症状がひどくなっております。
今日も、朝から鼻づまりで目覚めたので、あまり飲みたくはないのですが、さすがに鼻炎薬を飲みました。

それにしても、自分はいつの間に花粉症になったのか、記憶にございません。
子供の頃は全くなかったので、自分は一生ならないと思っていたのですが、20代の後半~30代に差し掛かったぐらいからでしょうか、年々だんだんと、鼻づまりや、目のかゆみがひどくなっております。
春夏秋冬で、暑い夏も、そしてもっと苦手な寒い冬もあって、もう心地良い季節は秋だけ、と、もう日本に住んでいるのが向いていないのはないか?とさえ思う事があります。

すっかり、「あの人は今」的になってしまった、ゲイリー・トーマス。
もともとはジャック・ディジョネットや、スティーブ・コールマンのバンドに参加していまして、リーダーアルバムも数枚リリースしているのですが、最近の活動は不明です...
自分も今日、久しぶりに聴きましたが、今でも新鮮で、カッコいいです。

ゲイリー・トーマスの音楽は、もちろんジャズのテイストはあるのですが、アプローチとしては、フュージョン寄りです。
ただ、いわゆる爽やかなフュージョンではなく、クセのある後期エレクトリックマイルスという感じ。
もちろん、兄貴分のスティーブ・コールマンの影響も大かと思います。
ゲイリー自身のプレイや音は、ゴリゴリと力強いですが、どこか無感情で無機質なので、この辺りが好みが分かれる境目だと思います。

何で裸や。
91XA54iEtKL_SL1432_.jpg

近日のライブです。
もしよろしければどうか宜しくお願い致します。


■3/24(金)
関内 アドリブ
http://www.jazz-adlib.info/

川村信一(tenor sax)
赤堀ひさし(piano)
大森哲也(bass)
川村成史(drums)

start 19:30
charge ¥2000 + order

毎月恒例ライブ。
強力なリズムセクションに守られながら、ジャズスタンダード中心にやります!

その他はこちら↓
http://shinitsu.blog137.fc2.com/blog-category-4.html
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンイツ

Author:シンイツ
うだつの上がらない、しがないサックス吹きです。
ジャズ、ロックを中心に主に都内、横浜市内でボチボチですがライブをやっております。どうかかまってください...

カテゴリ
最新記事
Flashカレンダー
フリーエリア
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: