FC2ブログ

ボウイ×クリムゾン 本日の一枚■King Crimson / Heroes

20代の頃、キング・クリムゾンが大好きでよく聴いておりました。
いわゆる「宮殿」から、「太陽と戦慄」、「ディシプリン」そして、活動休止前の「Power to Believe」まで、どれも鮮烈で(中には似たようなものもありますが...)、当時は、ほぼ毎日欠かさず飽きずに聴いておりました。

そのクリムゾンが来日して聴きに行ったのは、早いもので、もう一昨年。
正直、メンバーも様変わりしたり、昔の曲の焼き直しだったりと、もう鮮烈さを感じるような演奏ではありませんでしたが、「あの」クリムゾンを生で聴いた、というのは、とてもいい思い出になりました。

デヴィッド・ボウイの代表曲の一つ、「Heroes」を、クリムゾンがカバーしているものを中心とした、ミニ・ライブ・アルバムが先日発売となりました。
ロックファンにとっては言わずもがなですが、オリジナルには、クリムゾンの創始者のロバート・フリップが参加しており、このアルバムの副題にも、「トリビュート・トゥ・デヴィッド・ボウイ」とあります。
しかし、恥ずかしながら、これは知らなかったのですが、このライブ(2016年)のだいぶ以前に、クリムゾンの前任ギタリスト&ヴォーカル、しかもボウイとも共演歴がある、エイドリアン・ブリューが在籍していた時代にも、カバーしておりました。
聴き比べると楽しいかも。

今回のリリースされたものは、まず、音がいいです。
ライブ録音?と思えるぐらい、全体のサウンドが分厚いです(ただし、HEROESだけ...他はちょっと薄い感じがします)。
アレンジはシンプル。原曲に比較的忠実です。
リフのメル・コリンズのバリトン・サックスが効いていてとてもいいです。
ただし、ドラマーが3人いる意味は未だに分かりません...(3人叩いているのかな?)

クリムゾンはいっそのこと、自分達の昔の曲よりも、ロックのカバーや、誰か外部から曲を提供してもらったらどうかな...?

91jeJ2JBRDL_SL1276_.jpg

※どちらも公式です。




近日のライブです。
もしよろしければどうぞよろしくお願い致します。


■6/18(日)
関内 Jazz Cafe GIG
http://jazzcafe.jp/

ア達なおゆき(drums)
稲葉ヒロハル(organ)
川村信一(tenor sax)

start 20:00
charge ¥500 + order

ドラマー、ア達さんにお誘い頂きました。
オルガンの稲葉さんとの共演なので、ファンキーなジャズになるかと思います。
そういえば、こちらは初出演(ずいぶん昔に移転する前は出演ありました、確か)ですが、隣にある、横浜コンテンポラリー音楽院は、以前、長くお世話になりました。

■6/23(金)
鶴見 ノーチェイサー
https://nochaser.jimdo.com/

川村信一(tenor sax)
朝野陽一(guitar)

start 19:30
charge ¥2,000 + order

鶴見に移転してからは初出演です。
ギターの朝野さんと、しっぽりとジャズ。
飛び入り歓迎です!

■6/29(木)
関内 アドリブ
http://www.jazz-adlib.info/

川村信一(tenor sax)
赤堀ひさし(piano)
大森哲也(bass)
川村成史(drums)

start 19:30
charge ¥2,000 + order

毎月恒例ライブ...と言いながら先月はお休みしてしまいました(そして来月もありません)。
強力なリズムセクションに守られてスタンダードジャズをやります。

s-kawamura shinichi


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンイツ

Author:シンイツ
うだつの上がらない、しがないサックス吹きです。
ジャズ、ロックを中心に主に都内、横浜市内でボチボチですがライブをやっております。どうかかまってください...

カテゴリ
最新記事
Flashカレンダー
フリーエリア
リンク
検索フォーム
QRコード
QR