マイナスワン 本日の一枚■Jamey Aebersold / Four & More

今朝、長崎の方で台風が上陸するとのニュースを見て、対岸の火事のようにとしか思っていませんでしたが、台風の進むスピードが速かったのか、帰りが結構な大雨でかなり濡れました...

おとといの日曜日は奥沢のBAR nasaで、オルガントリオでのライブでした。
お越し頂いた方々、ありがとうございました!
こちらのお店は初めて伺いましたが、和洋折衷なとてもオシャレな雰囲気のお店でした。
(だったら、お店の中の写真撮れや...)

IMG_1168.jpg

IMG_1169.jpg

オルガントリオで思い出したことがひとつ。

主に、サックスやトランペットといったメロディー楽器の教則本の一つに、いわゆる「マイナスワン」というものがあります。
簡単に説明すると、楽譜とカラオケのCDがセットで販売されていて、そのカラオケに合わせて、メロディーを吹いたり、アドリブをとったりします。
その中で一番メジャーなのが、このジェイミー・エーバーソルドのシリーズです。
今まで100冊以上出ており、自分もたぶん、ざっと15冊ぐらいは持っております。
最近は、自動演奏での携帯のアプリもありますが、これはミュージシャンが、実際に演奏を録音しておりますので、よりリアル感があります(ですので、多少のテンポのズレはあります...わりと走りがちの傾向)。
ロン・カーターなどの超一流のミュージシャンが参加しているものも、中にはあります。

その中で、こちらは↓、通常はピアノとベース、それにドラムという伴奏が多い中、こちらはオルガンとドラムによる伴奏のものです。
確か20歳ぐらいの時、たぶんこのジェイミーシリーズで初めて買ったものかな、と思います。
でも、当時はオルガンとかは全く考えずに、スタンダード曲が、たくさん入っていたから買ったような気がします。
「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」、「バイバイ・ブラックバード」、「A列車で行こう」などの超定番曲から、テンポをグッと抑えた「コンファメーション」や「ジャイアント・ステップス」も入っており、楽器を初めて間もない方から、中上級者の方でも、十分楽しめるのではないかな、と思います。
ただ、ちょっとオルガンの伴奏はピアノと違い、少し特殊なので、リズムやコード感など、多少戸惑いを感じるかもしれません。

61XXTYTWBFL.jpg

今度の日曜日はジャムセッションです。
よければ奮ってご参加下さい!


■7/9(日)
白楽 ブルースエット
http://www.jazz-bluesette.com/index.html

田中晃二 (piano)
前田幸一 (bass)
川村信一 (tenor sax)

start 13:30 - 17:00
charge \1500 + order

どうぞよろしくです!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンイツ

Author:シンイツ
うだつの上がらない、しがないサックス吹きです。
ジャズ、ロックを中心に主に都内、横浜市内でボチボチですがライブをやっております。どうかかまってください...

カテゴリ
最新記事
Flashカレンダー
フリーエリア
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: