90年代ジャズ 本日の一枚■Tim Armacost / Time Being

やるのはともかくとして、自分が聴いていて、一番好きなジャズは、90年代~00年代のジャズです。
きっかけはブランフォード・マルサリスのアルバム、確かちょうど2000年にリリースされた「Contemporary jazz」です。
そこから、さかのぼってブランフォードのアルバムをいろいろ買って聴いたり、その周辺のアーティストを数珠つなぎで、いろいろと聴きまくりました。

90年代~00年代のジャズ。
そのサウンド、リズム、正にコンテンポラリー(?)。
スピード感のある楽曲、複雑なリズム、サウンド、圧倒的テクニック。まあカッコイイです。
それに、決して明るく陽気にやりましょう、とならず、陰鬱な感じや、ミュージシャン同士のバチバチ感もあって(あくまで主観ですが)、そこも好きであり、正直、当時「モーニン」、がちょっとダサイな...と感じていた自分にとっては(若気の至りですよ!)、これこそが真のジャズだ!とさえ思っておりました(繰り返しの連絡ではありますが、若気の至りですよ!)。

リーダーのサックスのティム・アルマコストについては、ほとんど知らないのですが、ベースがロバート・ハースト、ドラムがジェフ・テイン・ワッツという正にブランフォードのリズムセクションの90年代最強コンビ。
あいかわらず、何をやっているかはよく分かりませんが(笑)、ゴリッゴリのサウンドとリズムに、ただただ圧倒されるばかりです。
しかも(全曲は参加しておりませんが)ピアノが、デヴィッド・キコスキー、攻撃的ジャズ過ぎます。

61Ho9VYtt1LSX425_.jpg

※レーベル公式です

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンイツ

Author:シンイツ
うだつの上がらない、しがないサックス吹きです。
ジャズ、ロックを中心に主に都内、横浜市内でボチボチですがライブをやっております。どうかかまってください...

カテゴリ
最新記事
Flashカレンダー
フリーエリア
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: