ああ勘違い 本日の一枚■John Coltrane / Giant Steps

寒いですね。
もうやる気が全然しませんわ。

好きなサックスプレイヤーは?
という質問をされることが結構あります。
もちろん、たくさんいるのですが、誰か一人、お願い!と言われると、「ジョン・コルトレーン」と答えます。

ジョン・コルトレーンを初めて聴いたのは、高校生の頃で、この「ジャイアント・ステップス」でした。
さすが大名盤。捨て曲が一曲もないです。
このアーティストのこの曲が好き、というのは山ほどありますが、アルバム全曲が名曲、名演奏、というのは滅多にないです。
しかも、全曲コルトレーンのオリジナル。
まあ、初めて聴いた当時は冒頭の表題曲の「Giant Steps」で若干引いたのですが...(笑)
「Cousin Mary」や「Mr.P.C」は大好きで、当時から繰り返し聴いておりました。
その中で、「Countdown」は、ドラムとのデュオのアドリブから始まります。
しかもテープ(もう死語か)を早回しにしたかのような速さです。ドラムの手足が吊りそうです。
(しかもしかも、コード進行が、マイルスの「Tune Up」のコルトレーンチェンジ。ドラムとのデュオじゃ関係ないじゃん...と思うけど、アドリブはしっかり進行を守っている。もちろん後に楽譜を買って知りましたが...)
テーマが最後に来て、そのままエンディングで曲は終わるのですが、1959年のアルバムで、このような斬新な曲の構成は、今でもあまりないです。

表題のタイトルの勘違いは、このドラムがフィリー・ジョー・ジョーンズだと、ずっと思っていたのですが、アート・テイラーの間違いでした。
20年ぐらい勘違いしていました。そんだけ。

ジャケットも好きです。音が迫ってきそう。
81oEhUZqT7L_SL1500_.jpg

近日のライブスケジュールです。
もしよろしければどうぞ宜しくお願い致します。


■1/21(日)
中延 ボナペティ
http://bonappetit-live.com/
http://bonappetit-live.com/schedule/2018/01/tokyo-kaiseki-bowie-2.html

David Bowie Night - TOKYO KAISEKI BOWIE
☆TOKYO KAISEKI BOWIE
クボノマサシ(piano)
川村信一(tenor sax)
関良平(bass)
渡辺隼人(drums)

opne 18:30
start 19:00
charge ¥2,100(+1ドリンク込み)

index.jpg

「Ziggy Stardust」「★」「Ashes to Ashes」「Outside」「Aladdin Sane」「Diamond Dogs」など、全曲デヴィッド・ボウイの楽曲でお送りします。
(下記動画は以前のライブより、「Lazarus」)


■1/25(木)
関内 アドリブ
http://www.jazz-adlib.info/

☆QUARTET
川村信一(tenor sax)
赤堀ひさし(piano)
大森哲也(bass)
川村成史(drums)

start 19:30
charge ¥2,000 + order

毎月恒例のカルテットライブです。
強力なリズムセクションに守られて、ジャズスタンダード中心に演奏します。

こちらは前回のライブ動画です。


スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンイツ

Author:シンイツ
うだつの上がらない、しがないサックス吹きです。
ジャズ、ロックを中心に主に都内、横浜市内でボチボチですがライブをやっております。どうかかまってください...

カテゴリ
最新記事
Flashカレンダー
フリーエリア
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: