まだまだ決められない 本日の一枚■Walter Smith III / Twio

まだまだ寒いですね。もううんざり。

今、四年に一度のオリンピックをやっておりますが、それこそ今の携帯を四年以上使っております。
今の機種自体に特に不満はないのですが(電池がすぐ切れる以外は)、最新機種でもなく、大して使っていないのに、月に一万円払うのは馬鹿馬鹿しいなと思って、流行りの格安スマホに乗り換えようと思うのですが、たくさんあり過ぎて中々決めきれません。
決めきれずに、はや数か月がたとうとしています...今月こそは。

ウォルター・スミス三世の新作がリリースしたので買いました。
今回はサックストリオ(数曲ゲスト参加あったり、デュオもありますが)。
ウォルターの作品を全て聴いている訳ではないのですが、前作の「Still Casual」は、とても完成度が高く、自分もお気に入りの一枚だったので、しばらくこの路線で行くもの(行ってほしい)と思っていたので、今回のこの編成はちょっと意外でした。
しかし、サックス吹きにとってピアノレスのトリオは、レジェンド達の数々の名作もあるので、憧れであり、チャレンジでもあります。

色々な意味で面白い一枚です。
まず楽曲がスタンダード中心。とはいえ、アダムス・アップルなどは久しぶりに聴きました(笑)これやる人ほとんどいないと思います。
しかも、今時の人の割に、曲にあまり手を加えている感じはありません。
(よくあるのが、拍子を変えたり、とんでもないリハモをしたり、ちなみに自分はスタンダードをそのような、アレンジをするのは、あまり好みではないです)
そうなるとプレイヤーの個性、個人技が頼りです。
ウォルターは比較的ストレートに演奏していますが、ドラムのエリック・ハーランドは、これに対して、これやるか普通?というぐらい自由に叩いております。
そこの微妙に噛み合っていないところなども逆に面白いです。

目玉はやはり、ゲストにジョシュア・レッドマンとクリスチャン・マクブライトを迎えた「On the trail」でしょうか。
正直、せっかく、この大物二人を招いてやる曲かよ、と思いました。
(ほのぼのとしたスタンダードです。これも久しぶりに聴きました。ジョー・ヘンダーソンとかがやってたかな)
このクリスチャン・マクブライトのベースが、ブンブンとスイングしまくっております。
まるで、はじめの一歩のデンプシーロールのような(笑)、大振りのフックの連続を受けている感じです。
改めて凄いプレイヤーだなと思いました。
他の曲では自由に叩いていた、エリック・ハーランドがスイング「せざるをえない」「否が応でもさせらている」感じがします(笑)

71-x-wgRF2LSL1417_.jpg



近日のライブです。
もしよろしければどうか宜しくお願い致します。


■2/18(日)
目黒 青猫
https://www.facebook.com/1blueiscat/

【一刀斎】
可世木唯以(guitar)
川崎総(bass)
片桐総(drums)
川村信一(tenor sax)

open 19:30
start 20:00
※変更になりました。
charge: 投げ銭

ギター可世木さんにお声がけ頂き、初ゲスト参加するバンドです。
インプロヴィゼーションを中心としたジャズロックのようです。
まだリハも何もしておりませんが、今からとても楽しみです。

こちらは以前のライブ。当然、私は参加しておりません。


■3/2(金)
関内 アドリブ
http://www.jazz-adlib.info/

☆QUARTET
川村信一(tenor sax)
赤堀ひさし(piano)
鴻野暁司(bass)
川村成史(drums)

start 19:30
charge ¥2,000 + order

どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シンイツ

Author:シンイツ
うだつの上がらない、しがないサックス吹きです。
ジャズ、ロックを中心に主に都内、横浜市内でボチボチですがライブをやっております。どうかかまってください...

カテゴリ
最新記事
Flashカレンダー
フリーエリア
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: